2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昔の女って12、3歳でセックスしてたんだろ?

1 :日曜8時の名無しさん:2006/01/09(月) 23:23:50.68 ID:hwpeSVKH
それ考えると大河ってとてつもなくエロくない?

2 :日曜8時の名無しさん:2006/01/09(月) 23:25:48.47 ID:Wpx4EeOK
小学生の裸見ても勃たんのだが

3 :日曜8時の名無しさん:2006/01/09(月) 23:41:12.06 ID:CbRVAKd2
しかも今の女よりも発育が悪い。

4 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 00:04:16.92 ID:AAKNKtIL
まつとか三条夫人は12,3歳でケコーンしたんじゃにか?

5 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 00:31:51.35 ID:Ix/orQgb
戦国時代的には、女は子供を生む機械だからな。
あんまエロくないみたいよ。

武将の恋愛の対象は、男だしな…

6 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 01:58:36.55 ID:Xsb+wag8
いくら早婚したって
子供が作れる身体になるまではヤらないのではないか?
子供を生ませる大事な身体を破壊してはいけないからね。

7 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 10:38:19.29 ID:sYMkgPys
そうでもないみたいだよ。
前田利家の正室のまつは12、3歳で子供うんでいるし、利常の正室のお珠もそれくらいで子供をうんでいる(結婚したのが3歳くらいだから自然といったら自然かもだけど)
武田信玄の最初の正室が難産で亡くなった時は、信玄は15歳くらい。
いずれにしろ早く結婚して沢山生むという考え方だったんじゃないかな。

8 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 11:28:53.29 ID:PxdlGbrl
乳幼児の死亡率も高そうだから
とりあえずつくっとけ、産んどけ、
みたいな感じじゃないの?


9 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 11:40:57.38 ID:hYZyjNNv
今だって10代前半で子供産むのが普通な部族とかも世界にはいるしな。

10 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 12:27:37.49 ID:n8nCTif4
数え年で12歳じゃなくて、現在の年齢で12歳なの?

11 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 12:34:23.76 ID:cT3f/a4P
別に今だって、している奴はしている

12 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 12:35:30.05 ID:8Puz5cy7
生物学的には、現代の日本の状態の方が異常なんだろうな。

13 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 14:42:50.54 ID:IeafCmmY
日本人の性欲は異常

14 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 16:18:23.57 ID:yxmiOD2V
禁欲も異常なほどできるけどな

15 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 16:35:48.61 ID:UVZAvFZy
個人差はあるが女の体が子作り向きに成熟するのは20〜25くらいだよ

16 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 16:49:27.40 ID:9hCjGHPL
>>8

そう、母体は二の次。

乳児死亡率高すぎだから、作らないと残らない。
江戸時代ぐらいでも子沢山だけど断絶なんてあるからね。

17 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 19:40:22.29 ID:jEw9E9c3
大名とか「女系相続」が出来なかったからね・・・

18 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 20:07:07.21 ID:PtC6yh/c
500年後、今の人は何と言われるか・・。

19 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 21:42:16.59 ID:cKbmdNI2
>>18
特に言われないんじゃない?

20 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 22:37:58.20 ID:kEEAit1l
そんな無理に否定しなくても

21 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 23:47:26.84 ID:ZOO08wTM
やっぱり少子化問題は深刻だよ…へりはじめたら数十年であっという間に人口は減るんじゃないかな?
日本人はゴキブリ以下の繁殖能力しかなった…と数百年後には言われているんじゃないかな?

22 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 23:51:17.97 ID:Yd3cdn8O
一夫多妻JAPAN

23 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 23:51:51.95 ID:PtC6yh/c
数百年後には40代で出産があたりまえになるかもよ。

24 :日曜8時の名無しさん:2006/01/10(火) 23:56:21.35 ID:9v5HpPF8
昔は長生きして、人生50年。
戦や病気で早死にすることも多かった時代だから、
女には早くに何人も産ませたのか。
乳児の死亡率も高いが、お産での母親の死亡率も高かったはず。


25 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 00:35:25.94 ID:CpsHJzTd
昔の女性には出産は命がけだったのさ。
北条早雲の正妻も次男生んですぐに死んでいる。

26 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 00:37:34.64 ID:CZGHwC9z
そう考えると崇源院徳川秀忠夫人はよっぽどの体力の持ち主なんだろうな
あの人何人子供生んでるんだ


27 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 02:33:53.64 ID:xId30jUW
逝き遅れ腐女子必死スレ

28 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 02:45:09.90 ID:r3aEWYho
武家より農村の性風俗はどうなの?


29 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 04:44:27.99 ID:Zi9G1oJF
人口減るのは問題ないんだけど、
年金財政に困ってるってだけでそ

12,3歳で生ませるのはリスク多そうだねえ・・・・・


30 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 08:00:34.16 ID:95UKLOra
まぁ生理迎えてりゃ
産めることは産めるんだろうけどねぇ・・・

31 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 08:06:57.50 ID:7MINIEWu
フィクションだが、三国志演義で出てくる貂蝉も確か12〜3の設定だったな
司馬「項羽と劉邦」の虞美人も生理になった直後にやりまくってたから多分それくらい

32 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 08:52:08.80 ID:l3QEc1vF
夜這い

33 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 09:34:39.56 ID:LuZdGVon
女の役目は出産すること。
昔は、それを忠実に、実施可能になったときから即実行した

34 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 10:46:32.80 ID:Zi9G1oJF
死ぬ人も多かったけどね

35 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 10:56:23.69 ID:uxvDykZz
>>24
昔でも長生きは80歳以上だよ。
乳幼児の死亡率が高いから寿命の平均が短いだけ。
戦死者も、近代戦と違って1万を超える軍勢で数百人死んだら大損害な時代だしな。

36 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 11:45:54.25 ID:rCKAVV6q
少子化が進んでいるのは
不仲な夫婦がお互いの不満足の埋め合わせと
老後の保証を数少ない子供に求めて
結婚させないように、結婚や異性が怖くなるような教育をし
いつまでも自分達の奴隷として飼っておこうとするからだ。
性のタブー視も凄まじいしな。
そうやって頭の狂った犯罪者も出てくるのだ。

37 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 13:14:48.62 ID:KOXUscuF
まつ様は確か出来婚じゃなかったか?

このスレの趣旨とは真逆なのは、秀吉姉の瑞竜院か。
初産が35歳だっけ。

38 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 14:38:30.25 ID:hL1ELoXT
>>17
大名は女系相続できるよ
娘の嫁ぎ先から養子を貰ったりするし

39 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 16:06:25.39 ID:miIY374Z
若いうちに沢山産むほうが筋腫など子宮の病気になりにくく体には良い。


40 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 16:42:48.70 ID:iDoUhcy9
「北条時宗」で、時宗の祝言のシーンが印象に残ってる。
その夜、妻(祝子だっけ?)が「時宗さまも私も若年ゆえ、契りは
交わさずとも良いと聞いております」とか子役の女の子が言ってたなー(*´Д`)
このとき時宗が11歳、祝子が10歳。

41 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 18:38:22.80 ID:Zi9G1oJF
>>37
その時代にすごいなあ。
ほんとに命がけだったんじゃ?

42 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 19:42:08.14 ID:ywK8Ypvc ?
>>35
それを考えると1万人も死んだ長篠の武田軍はとんでもない損害だな、
なにしろ関が原の両軍の死者の数に匹敵するからな、

43 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 19:59:49.45 ID:UY2efJCH
>>42
それ誇大広告じゃないの?
織田も6千死んだって聞くし。

44 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 20:05:34.47 ID:ZzYgHdyQ
昔は今みたいに栄養状態が良くないから、初潮を迎えるのも遅かったんじゃないの?
すぐ、妊娠できるとは思えない

45 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 20:46:24.08 ID:iEjCsUCV
武田信玄の初めての妻(上杉家)は妊娠して
おなかの子ともども死んじまったんだよな。
13、4だったとオモ。カワイソス

46 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 20:46:47.69 ID:ywK8Ypvc ?
>>43
長篠は武田の武将が織田の鉄砲隊に無茶な特攻を繰り返したから、
最終的に1万もの死者を出してしまった、これは武田全軍の8割に当たる、
いかに無茶な戦いだったかが分かる、全ては無茶な戦いを強引に押し進めた勝頼が悪い、
武田の重臣は勝頼に間違いを分かって欲しくて、突撃して散っていったんだよ。

あと、あの戦いで織田が6千も死ぬわけない、ほとんど無傷に近かったそうだ。
そもそも、総数1〜2万程度で6千も死ぬなんて普通はありえない、
両軍20万近くの関が原ですら全体の死者は1万前後と言われている。

47 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 21:16:10.97 ID:ywK8Ypvc ?
訂正・織田・徳川も数千の死者が出てるようだな、
ただ、それにしても織田・徳川連合軍の総数は3万5〜8千、それで死者が数千(おそらく3−5千)と、
武田軍1万5千で死者1万(実際はそれ以上とも)では、ダメージが違う、
武田は主な武将はことごとく討ち死にし大将が逃げるのがやっとだ。

48 :日曜8時の名無しさん:2006/01/11(水) 22:57:34.56 ID:UgEyQ+NU
>>47
徳織史観厨ハケーン
最近では徳織連合軍も武田軍とほぼ同数の死者が出たとする見方の方が多い
それに長篠の犠牲者が武田全軍の8割というが甲斐にもかなりの軍を残しての
出陣だから8割はさすがに言いすぎだろ。

49 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 00:54:11.76 ID:eMSaRw5A
>>38
押し付け養子もあるしな。
そうされんように、さっさと子供を作っておくのかもな。

50 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 07:31:58.26 ID:1Ymsiqrb
養子はまた揉めるもとだし男系実子にこしたことはない。上杉謙信の後も揉めて勢力そいでしまった。


51 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 07:46:04.14 ID:4yS5VOPN
つか一応武田とか史実ベースとかで語るなら長篠を鉄砲隊に無謀な突撃とか
書くのやめような?

52 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 09:35:16.59 ID:gATaH5EU
最近の研究では、織田徳川軍の一斉射撃というのも怪しくなってるようだし、
武田軍が弾幕の中、あほみたいに突撃を繰り返したというのも、あり得なさそうに
なってきてるよ。だいたい合戦時間は6、7時間くらいだろ。
織田徳川が効率よく一斉射撃を繰り返して、武田軍が効率よく、その前面に突っ込んでいって
そんな時間がかかるものだろうか。
実際、設楽原に行けばみんな思うだろうけど、あの戦場はほんとに敵味方の間隔が狭いんだよね。
おそらく一斉射撃は部隊ごとにはあっただろうけど、全軍横一線に一斉にという攻撃はなかった
んじゃないかな。それに、鉄砲ってそんなに効果的な殺傷能力があったのだろうかという疑問もある。
まあ狭いから当たったら無事では済まないと思うが。

53 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 10:16:28.78 ID:/OsXbVl4
あれ。セックスの話は?

54 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 10:26:55.58 ID:4yS5VOPN
多分火縄銃の威力と後世銃の威力の違いがよくわかってなかった向きがあったから

55 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 10:54:59.49 ID:c4saOPV3
いやぁ勉強になるスレだ。
良スレ認定。

56 :55:2006/01/12(木) 11:11:17.42 ID:c4saOPV3
と思ったらセックスの話じゃなくなってるじゃんか!?

57 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 11:36:41.95 ID:TlS3Sv15
明治に入ってからは14〜15歳で初産が多いよな漏れの曾婆さんなんかも
そうだし

58 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 14:11:19.97 ID:gATaH5EU
だいたい日本人ほどセックスに寛容な民族も少ないんじゃね?
戦国時代は武将が衆道に耽るのはごくあたりまえだったし、可愛い男の子に
化粧して寵愛してたおじさんもいっぱいいた。
もっと遡れば、比叡山の坊主や僧兵も美しい稚児をめぐって殺し合いまでしてたらしい。
誰があの稚児の尻の穴をものにするか、っていうのは彼らの最大の関心事。
稚児もそういう相手に出会ったら、口や手やお尻で奉仕してたみたいだよ。
古典なんかにも、稚児を世話して欲しいとお坊さんに頼まれた寺男が、稚児を連れてきて
目の前でハァハァしてるの見て、私もオッタってしまったのでついでにと頼み込むと稚児は
はいはいと手コキしてやったという話も出てくる。
江戸時代では女牢には、古株の牢名主がいて、新入りの娘が来ると、みんなの目の前で
名主いたわりという奉仕をさせていた。これは女牢名主のおマンコを手や口で一生懸命
愛撫してイカセテあげるというしきたり。
ほかにも村祭りでの乱交パーティー、夜這いなど、ほんとに日本人は性には開けっぴろげ。

59 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 14:44:38.98 ID:f8LIEapA
単にキリスト教国が厳格すぎてただけじゃねえの

60 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 16:11:41.14 ID:gATaH5EU
むしろ敬虔なクリスチャンなんてごく一部。
大部分は宗教権力を手にして酒池肉林の日々。
顔では神の子としてふるまいながら、下半身は肉欲丸出し。

61 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 16:26:55.76 ID:3W0CWOiW
それは権力もってるか金持ってるかしないと無理だ

62 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 16:27:32.28 ID:twtsdI2U
愛人作ってあげくは子供まで作っていた教皇もいたからな

63 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 16:46:28.76 ID:6JOTFpDB
愛人問題で教皇ともめ
自分の国用のキリスト教つくっちまった国王もいたw

64 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 17:37:54.07 ID:gATaH5EU
生姜ねえ連中だな全く。
国交省もいい加減にして欲しいですね全く!

65 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 19:27:05.46 ID:4sUIG0Ip
マドンナも「私は敬虔なクリスチャンの家庭に育ったのよ!!!」
ってなんかのインタヴューで怒って答えてたし

66 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 19:44:41.21 ID:H82OPFEV
幼女とのセックスの話に戻そう

67 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 20:23:16.21 ID:o83P5XFp
あ、長篠合戦が「鉄砲による勝利」という虚構は歴史関係の人間の間では
もう誰一人信じるものがないくらい完膚なきまでに破壊された幻想。

簡単に言えばにらみ合いに持ち込みたかった武田軍を野戦に持ち込み、
先鋒同士の争いがほぼ一日続いた。そのために戦力比がほぼ三倍の数の
織田軍の方が優位になり、勝ち目がないと見た武田軍が撤退を始めたものの
地形不案内で追いつかれたり道を失ったりして多くの犠牲を出した、という
だけの合戦。ざっとポイントを挙げると

・当時織田軍は組織的な鉄砲部隊窪を持っていない。全部寄せ集め。
・したがって「組織的連射」などできていない。
・そもそも「3000丁の鉄砲」という記述は江戸時代に改竄された
 資料によるいわば捏造。
・武田軍の武将で鉄砲柵近くで死んだ武将は一人だけ。あとの武将は
 みな設楽原から遠く離れた山道で死んでいる。
・武田軍の死者の死因で一番多いのが川にはまっての溺死。
 次が山に迷い込んで脱出できなくなっての餓死。
・したがって「巧妙が辻」の長篠合戦シーンはチャンバラ時代劇と
 同じレベルのファンタジー。たぶん「新選組!」の方が考証は
 しっかりしてる。


68 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 20:24:06.36 ID:pxD+53Ed
オナニーより恥ずかしい菅野美穂ちゃんのヌード画像♪
http://blogsearch.plaza.rakuten.co.jp/search?qt=%BF%FB%CC%EE%C8%FE%CA%E6%A1%A1%A5%D8%A5%A2%A5%CC%A1%BC%A5%C9%BC%CC%BF%BF%BD%B8%A4%E8%A4%EA%A5%AA%A5%CA%A5%CB%A1%BC%B8%E5%A4%CE%C3%D1%A4%BA%A4%AB%A4%B7%A4%A4&rg=1&rf=1&limit_url=

69 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 20:57:46.07 ID:uvEtC5d/
空気嫁って感じだな

70 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 21:37:22.24 ID:+aYge0Vt
源氏物語の紫の上はまるで養殖の魚のように光源氏が種撒いて育てて食っちゃいました。

71 :日曜8時の名無しさん:2006/01/12(木) 22:20:07.96 ID:MyN3p4ME
幼女育てて常磐ちゃんになったらちょっといいかも。

72 :日曜8時の名無しさん:2006/01/14(土) 17:03:57.69 ID:QcGBzuel
逆に、男は何歳くらいで筆おろししてたんだ?


73 :日曜8時の名無しさん:2006/01/14(土) 21:21:25.45 ID:VUPt4X0b
筆おろしよりも、尻の方が早かったんではないかとも思われる。

74 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 08:29:05.54 ID:G5uZxa4/
まあ今でも発展途上国での出産年齢って低いからなあ。

75 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 10:52:37.69 ID:rWI5NlAP
このスレ作った人は危ないな。
今時こんな人が多いのかね。

76 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 15:40:14.20 ID:JgxUFmVd
幼女と・・・なんていい歳こいて妄想してるヤツいるけど
殆どが互いに幼かったんだから、当人達はそれどころではないだろ

77 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 16:03:30.31 ID:zRwOyANI
農家の次男坊なんてのは一生童貞だったりしたよね

78 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 16:25:16.53 ID:y8ckj8lm
初夜権ってのもあったんだろ。

79 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 17:48:28.78 ID:hjdbny15
>>77
「おじろく、おばさ」という香具師だな。

80 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 18:25:14.64 ID:rl7AKZKq
>>77
農家の次男坊は、家督を継げない代わりに、村の少女の処女を破る役割りを
与えられていた地域ってのも実際にあるよ
78のいう初夜権ってのとは違い、処女というのは不吉だと考えられていたの
で、嫁入り前に処女喪失させる必要があった

農家の次男坊意外に若衆の頭なんかがその役目を勤める地域もあったとか

81 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 21:54:33.11 ID:VwdLeE2M
>>80
確か、司馬遼太郎「この国のかたち」だったっけ?
今の農家等の青年団がその名残とか

82 :日曜8時の名無しさん:2006/01/15(日) 22:04:09.55 ID:mPHV2hTy
せっくるについて寛容なのは戦前まで日本にはあった今もある意味寛容だが
法律的には締め付けられてる風俗店締め付けはいずれつけが返ってくる。

83 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 00:55:32.90 ID:YmpP+78B
領主による初夜権があったのは英国とかヨーロッパじゃなかったっけ

84 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 01:13:41.15 ID:+2XykAzU
>>75 >>1=豊臣秀吉 だから


85 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 09:40:56.31 ID:ui/SBPOJ
良スレ age

86 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 09:51:53.95 ID:5y8RVgA3
>>77
そのような心配はなくて。
村の後家さんのような年上の一人身の女性の所へなどへ
行って、楽しい時間を過ごしていたようですよ。
村人も暗黙の了解で・・・
今のように携帯電話も無いですから、ある場所に
石を積んでおいたりなど工夫して、暗号にしてたらしいです
(爺ちゃん情報による)
あとは村祭りなどの時には、村の若い男女の
交渉はOKだという風習もあったようです。
あとごく最近まで岡山辺りでしょうか夜這いの風習も残っていたようです。
昔の日本の方が性に対しておおらかであったみたいですなぁ。。。

87 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 10:43:31.34 ID:cVxF6jwX
今はバカみたいに法律厳しいからな。先人達に倣おうとすると逮捕される。
22歳男16歳女が付き合っててやることやったら逮捕されるなんてのが最近あった。

ロシアでは20世紀になっても領主による初夜権があったと思う。

88 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 11:00:52.44 ID:rpqWMmtu
八つ墓村のモデルになった事件があった場所も
夜這い自由な地域じゃなかったっけ?
閉鎖された村の中でいろいろあったんだろうな

89 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 11:02:35.69 ID:5y8RVgA3
結婚にしてもですね。
太郎さんに嫁いでうまくいかなかったので(姑などと)
近所の次郎さんとこに嫁ぐなどという事も普通にあったようです。
敢えて子供を産んだ経験のある女性を
嫁に貰うという習慣もあったようです。その理由として、
絶対子供が産めるから跡継ぎを産んでくれる。
というのと、子育ての経験があるから子を育てるのも得意だから。
だそうです。なんと合理的なのでしょう。
女性は子供を産む為の道具ではありませんが、昔は赤ん坊が死にやすくて、
でも働き手の必要な農村なら当然の話だったのでしょう。

90 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 12:09:14.69 ID:fnyl/aif
>>88
つ【津山市貝尾】

91 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 12:49:54.74 ID:fnyl/aif
すんまそん。地名だけじゃなにやら解らないよね
>>88
つttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/tuyama.htm

92 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 13:41:56.21 ID:6oAdChva
夜這は勿論 縁側で茶を出すように重なりあう
ルーズな男女間系だったそうだよ
スレ違い スマソ

93 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 19:20:13.75 ID:si/CCMUy
岡山出身の岩井志麻子は「だって今も現実にあるんだもん、夜這い」
「東京に来て辛かったのは男が夜這いに来てくれないこと。もうワシも
おしまいかのう、って」と公言していましたし、ある漫画家の言葉で
四国の親戚のところにきれいな嫁が来たら親戚の男たちがうおううおうと
我が事のように喜んでくれて、嫁は「いい人たちだ」と思っていたら、
その親戚は本当に「我が事」として喜んでいたという…

94 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 19:26:09.30 ID:A3ROzNH0
身分が高いほど初婚年齢が早くなる。
庶人は意外と晩婚傾向。この辺は日本と西欧で共通している。

95 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 19:38:27.49 ID:VVoR3RLa
当時の女性側からの感想って何か残ってるの?

96 :日曜8時の名無しさん:2006/01/16(月) 23:49:01.94 ID:vXdNHG8R
>>94
現代の日本の皇室には当てはまらないけどね

97 :日曜8時の名無しさん:2006/01/17(火) 12:57:45.15 ID:mnTAqseo
昔の皇室は周囲の女房かたがたがセックル教えてたんでしょ・・・
女房とマジ恋仲になっちまった例もあるとか


98 :日曜8時の名無しさん:2006/01/17(火) 22:48:36.33 ID:qPk5/RtI
大概の男が「女子高校生」に萌々になるのは
何もセーラー服(学生服)だからってワケではないと思う。
15〜18才の娘が魅力的に見えるのはこの時期が結婚適齢期だから。
むかしの12〜13才に相当すると思う。
セーラー服に発情するのは単に「性倒錯」興してるだけ!

かな?

99 :日曜8時の名無しさん:2006/01/18(水) 01:01:50.71 ID:WgfvuQM4
まあ実際重要なのは服より中身だからな。
ただ、どうも最近のエロメディア等の服やコスチュームを重視している面が
問題をややこしくしている。

100 :ペクチョン ◆lMEOuvBVDI :2006/01/18(水) 14:30:09.12 ID:60p1QuuR
結論から言うと学校の先生が女子生徒を体育館に連れ込んでレイプするのは、ごくごく自然な事だということですね。

101 :日曜8時の名無しさん:2006/01/18(水) 14:35:52.84 ID:vDosCLFq
学校の女子制服がエロイのは男の先生に欲情してもらうためかいw

102 :日曜8時の名無しさん:2006/01/18(水) 17:12:10.79 ID:jFiOSN1O
制服がどういうデザインになろうがエロいものはエロい。
というか問題は中身。
ここでウロウロしているような低脳ヴァカ腐女子は
おそらくどんな制服を着てもエロくない

103 :日曜8時の名無しさん:2006/01/19(木) 20:54:35.28 ID:R/4It6ZP
このスレは別の板に行くべき。

104 :日曜8時の名無しさん:2006/01/19(木) 23:50:08.17 ID:7jpYHHMn
急に焦り出す腐女子

105 :日曜8時の名無しさん:2006/01/20(金) 04:39:56.19 ID:I8isV2Q4
制服の魅力があんまりわからない。
看護婦さんは3割がた女が上がるとは思うが・・・・

106 :日曜8時の名無しさん:2006/01/20(金) 15:42:43.93 ID:YsESaoy1
一説に昔は年齢関係なく初潮がくればやる対象だから10歳前後であっても
初潮を迎えていればいたしたとしても変態ではなかったそうな
だから、幼い頃に相手の家に預けられても初潮がこない間は寝所は別
くれば即同じにしていたもんらしい

ちなみに大河伊達政宗ではこの説を元にしたような場面があるよ

107 :日曜8時の名無しさん:2006/01/20(金) 16:09:39.25 ID:dJEHmssu
昔の女って12、3歳でセックスしてたんだろ
30で老人の話をしたいの。

108 :日曜8時の名無しさん:2006/01/20(金) 22:44:59.04 ID:XNT+rQr4
制服女子に男が惹かれるのは
学生時代に好きだった同級生とセクースできなかったことへのノスタルジー
ただそれだけの話

ちなみにおれは大学ん時学祭に来た女子厨房と仲良くなってヤリ倒した
方形の俺にはかなーりきつくて最初の二ヶ月くらいは痛い思いもしたが
そのうち穴が俺の竿に適応してきたんだろうな 手放せず結局二年付き合って
フラレタヨ


109 :日曜8時の名無しさん:2006/01/21(土) 03:33:48.35 ID:pViPoOA8
>>108
普通の生活してても、あのころに帰れないから
ノスタルジーはあるかもねえ。

看護婦やスッチーの制服に惹かれるのはなんでだ?
仕事をしてるときってのは魅力的に見えるものではある。
男女問わず

110 :日曜8時の名無しさん:2006/01/21(土) 23:21:21.51 ID:4WrWauLQ
昔の女っつーか今の中1でも普通にやってるだろ

111 :日曜8時の名無しさん:2006/01/22(日) 03:17:13.87 ID:dSJRll46
漏れの幻想を壊さないでください。

112 :日曜8時の名無しさん:2006/01/22(日) 08:35:44.63 ID:9PMa0Hdn
>>110
学校にコンドームとか持ってきてるからな

113 :日曜8時の名無しさん:2006/01/22(日) 22:15:36.15 ID:icv0KJAK
利家とまつのまつって、12歳くらいで子供産んで、
結局10人ぐらい産むんだよな、確か。
ものすごく丈夫な人だったんだろう。
松島ななこではなくあき竹城みたいな(知らないけど)。

114 :日曜8時の名無しさん:2006/01/23(月) 00:26:11.09 ID:8frE8C4f
あき竹城キャラが利家や信長に「わたくしにおまかせあれ」と言うのなら
説得力あるやね〜。

115 :日曜8時の名無しさん:2006/01/23(月) 00:27:40.75 ID:RHK2B+Dv
で、結論は羨ましいって事で良いのか?

116 :日曜8時の名無しさん:2006/01/23(月) 01:16:36.93 ID:wlxCEbwh
>>115
まあね!!

117 :日曜8時の名無しさん:2006/01/23(月) 05:14:41.93 ID:1TBpQifT
微妙に違ってる話かもしれないけど、大奥では、将軍と関係できる年齢が
30歳と決まっていて(創設のときからずっとそうなのかどうかは知らないが)、
以降は禁止だってよ。

だいたい正室とかで入ってくる公家嫁は、かなり若いうちに嫁いでくる。

ただし年齢制限については公然の秘密みたいな例外はあったようで、うまく
将軍に取り入りさえすればその後にも関係は保たれることはあった。

月光院みたいに家宣(側室)→家継(生母)→吉宗(?)と変遷して
いくパターンとか。

118 :日曜8時の名無しさん:2006/01/23(月) 05:40:26.73 ID:oFJCFVsG
処女喪失は13歳だったけど。
今と変わらないよ。

119 :日曜8時の名無しさん:2006/01/23(月) 14:55:17.96 ID:M8LN/aJU
昔は13歳で喪失する相手がほぼ一生寄りそう相手
今はまず喪失相手とは一緒にならない

120 :日曜8時の名無しさん:2006/01/24(火) 21:14:16.41 ID:9LB+u0sf


121 :日曜8時の名無しさん:2006/01/24(火) 22:36:40.36 ID:Bijvm6qL
この時代は未だ「室町時代(末)」だろ。安土桃山にもなっていない。
まだ「招婿婚(夜這い制度)」の時代だろ。
少なくとも「貞操観念」なんて概念持ってる未婚女性なんていねーよ。

「祝言挙げるまでは・・・」「一生、添い遂げる」「二夫に交えず」は
江戸期になってからの事だろ。


122 :日曜8時の名無しさん:2006/01/24(火) 23:52:01.82 ID:S8GF8gY2
江戸時代になってもごく一部の階層だけだろ。

123 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 00:21:59.17 ID:4/dFP962
武家の男児なら、十四、五、六で元服したらすぐに戦にでるもの。
いつ死ぬかわからない、跡取りは早く作らねばならない。
子どもは一人でも多く欲しい。
平均寿命も短いし、大人として認定されるのも現代より代よりずっと早い。
婚姻が早いのも当然だろう。

>>117は、お大場大奥でも見て「おしとねすべり・おしとね辞退」を
初めて知ったんで、知ったかしたくて登場。

124 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 00:25:45.84 ID:OLQ51t5R
江戸に住む一般的なカカァ連はかなり性に関して奔放だったという話はあるね。
長屋暮らしの影響か、情報は共有しやすいしプライバシーなんか無いし、昼間
は一斉に亭主いなくなるし。

125 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 02:32:11.16 ID:PXxKkzA4
>>17
は?普通にしてますが

126 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 08:48:07.64 ID:luPu9URG
>>125
実例を

127 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 12:35:41.37 ID:TguSUU+d
上杉とかな

128 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 15:07:53.88 ID:mgX2YOOH
本来の女系相続とは意味合いは異なるが
将軍家に男子がたくさん生まれる→(無理矢理)大名家と養子縁組→
大名家は本来の世継を廃嫡にし他家へ養子に出す→姫(娘)と将軍の子と婚姻→
二人の間にできた男子が大名になれば血統的には「女系相続」したとも言える。

129 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 15:19:14.92 ID:xhFf3phV
>>117
それは意味合いが違うだろう。
公家の血を入れない為にしたことであって・・・
だから正妻から生まれたのは家光くらいだろう後は八百屋の娘とか
素性の分からぬ者。


130 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 21:20:12.16 ID:qJ8UFgwA
もう何年も前になるがフジテレビの13時30分からの連ドラ(風の演舞曲)で
たしか15歳男と14歳女(13だったかも知れない)のセクースをやっていた
あれはおどろいた、ドラマとはいえ真昼間からこんなことしてんだもんなあ
さらにこのあと確か妊娠しちゃって堕胎させるんだよね、むりやり
オソロシスギ

131 :日曜8時の名無しさん:2006/01/25(水) 21:38:21.18 ID:q1B5OYze
>>122
武家とかの娘だけじゃね?
裕福な商家とか。

132 :日曜8時の名無しさん:2006/01/26(木) 14:23:13.98 ID:+uwjcwnG
「処女性」にこだわるのはキリスト教の影響。基本的には明治以後の発想。

家に嫁す感覚があった頃は長男が早死にしたら次男と添う事がよくあった。
貧しい村では一度身売りしても年季が明けて村に帰ってから
普通に結婚して幸せに暮らした人も沢山居たらしい。

133 :日曜8時の名無しさん:2006/01/26(木) 18:06:37.85 ID:aUeg0FNp
「身売り」「囲われ者」と「フリーセックス」を混同していないか?
「貧しさ」からカラダ売るのと本人の「自由意志」でヤり捲るのとでは
根本的に違う話だろ。

134 :日曜8時の名無しさん:2006/01/26(木) 18:45:27.92 ID:4uyDGrSB
だからフリーセックスという概念自体今のものであって・・・

135 :日曜8時の名無しさん:2006/01/26(木) 22:38:30.25 ID:3WuhX5xN
夜這いだの野合だの今で言うところのフリーセックスだよね?

136 :日曜8時の名無しさん:2006/01/26(木) 22:44:36.13 ID:zPW5alGi
つまり、わざわざ「フリーセックス」ってことわりを言わなきゃいけなくなったのが
現代ってことだな。
つまるところ132が正しい。

137 :日曜8時の名無しさん:2006/01/26(木) 23:59:26.68 ID:Hzfjd7Nw
具体的になってアレなんだが、当時って「避妊」って概念あったのかな?
そら武将とかは子供作ってナンボだから、避妊もクソもないけど、夜這いだの
野合だのも中出しなのかね?

教えてマジエロい人

138 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 00:12:07.29 ID:81m8ta2e
女なら凶作の時売れるから育てたけど男は間引いたりもあったろう。
現代人が神経質すぎなんだろうけど昔は図太くて当たり前だからな。
すんごい姫育ちでもない限りはタフなもんだ。


139 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 00:17:49.66 ID:zFuP6Qqa
江戸時代の遊廓には避妊方法めいたものはあったらしいけど
(実際に有効だったかどうかは知らん)、それ以前はどうだったんだろうね。

140 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 05:26:48.43 ID:ognIFC2r
室町時代には既にあっただろ?
「中条流」

141 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 06:32:00.81 ID:thsX+fmm
これかな?
http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html

142 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 07:48:32.46 ID:kDhSY0yW
>>140
避妊じゃなくて堕胎法

143 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 08:58:24.67 ID:7iGi7mCL
水子いっぱい・・・

144 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 12:21:11.25 ID:r2QU46bx
水子も何も、生まれてからも死ぬ可能性がべらぼうに高い時代だからな

145 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 12:23:35.31 ID:WvGCtvFy
キリスト教圏でも建前にすぎなかった処女性を
バカ正直に受け入れちゃったのが明治頃の日本じゃね

146 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 20:25:12.13 ID:3SzBbFMA
戦国時代はいらない子は、捨ててたしな。
神様に返すと言う建前で。


キリスト教の処女性は、キリスト教成立のローマがあまりにも性的に乱れていたから。
いや、乱れぐらいが当たり前だった。
ローマ女帝が、当時大人気だった売春婦に対抗して
参加自由の公開乱交パーティー「私とあの売春婦とどっちがセクシー?」を開催したほど。
そうした乱れに対してのアンチテーゼとして貞節を持ち出した。
乱れきっていたので、逆に「貞節すげー」ってバカ受けした。

147 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 22:39:37.78 ID:DWz3Q34H
カトリックのはずのフランスも、宮廷は結構派手派手にやってたみたいだし

148 :日曜8時の名無しさん:2006/01/27(金) 23:11:56.10 ID:2Uuk8jSb
カトリックってむしろ乱れまくりなんじゃ?
プロテスタントの方がかなりお堅いイメージがあるな。
実態は全然違うんだろうけど。

149 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 12:22:37.59 ID:88QuZY1z
上流層は結構好き勝手やってたんでねーの。旧教も新教も
庶民は守ってたかもしれないけどさ

150 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 13:22:30.85 ID:PeJSScul
当時、日本にやって来た宣教師フロイスも驚愕するくらいの日本人女性。
結婚してる女性も他の男と平気で楽しんでいたそうな。
マサに犬猫並みに性の快楽を貪っていたんだろうな。
でもソーして出来た子供の首に足を乗せ殺して(間引くため)たんだそーな。

151 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 15:45:53.04 ID:88QuZY1z
宣教師もヤマトナデシコとやったんだろうか?

152 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 17:05:55.35 ID:iGY3HjrR
>>151
宣教師はさすがに。。。でも分からんか。
江戸の鎖国中でも、特例だった長崎や平戸なんかじゃ外国船が来るたびに
村中の女たちがこぞって外人の相手をしたらしいね。もちろん金目当てだけど。
幕末にアメさんたちが入ってきたときに、あまりにも日本人が奔放で野蛮だったんで
ドン引きした、というエピソードにもあるように昔は凄かったんだね。

153 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 17:33:52.83 ID:yeZ36yNi
フロイスの記録。

http://www.fsinet.or.jp/~yukio/ishis/onnaisa.htm

154 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 17:49:49.52 ID:PjtVrwPB
日本人が性的にあけっぴろげなのは古事記や万葉集の頃からデフォ
年齢の問題も、5歳くらいから働くようになるんだから
12歳にもなれば精神的にも周りからの扱いも大人と同じかもね

あと西洋はどうだか知らないが、
とりあえずロミオとジュリエットは13歳でヤッてる

155 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 19:00:00.91 ID:J85WeZLC
仮に15歳で赤子を産んだとする。
そうなると、30歳で初孫、45歳で初曾孫、60歳で初玄孫ということになる。

156 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 19:13:20.56 ID:88QuZY1z
昔の日本の女は着物でノーパンだったんだよなぁ
欧米は古くから下着あったんだろうか

157 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 20:12:21.92 ID:PeJSScul
ローマ時代には既に貞操帯というモノがあった西洋(戦地に逝く前に施錠)。

日本ではフンドシ着用の習慣のない女性は生理中小屋に籠もったり(生理休暇)
海綿帯をタンポン代わりにしていたらしい。

逆に女性にはパンツ不用の「社会」を作りあげたんだな日本は。

158 :日曜8時の名無しさん:2006/01/28(土) 23:03:50.48 ID:7PM3+yFh
「赤とんぼ」曰く
15で姉やは嫁に行き・・・

当時は数え年だから、明治時代でも満13歳で嫁に行っていたと思われ・・・

159 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 01:25:32.07 ID:XDbkytTi
明治から大正に変わると結婚年齢も少しだけ上がって、
若くして嫁になった女が女学生達から笑われるって可哀想な話があったなあ。
現代も未成年で結婚だとすんごいDQN扱いされるけど。

160 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 03:26:34.49 ID:icIrNADo
「花嫁修業」って言葉はその頃出来たのかな?
学校は卒業したけど結婚までまだ少し間があります、みたいな意味で。

161 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 03:48:23.88 ID:miBgNDdK
江戸時代にはあっただろ(但し武家社会だが)。
結婚が決まって式挙げるまでの間に嫁ぎ先に「通い」で料理(味付け)、
掃除、洗濯といったソノ「家の流儀」を研修するのが目的ではなかったか?

現代のような「魚の捌き方も知らない」というDQNに「ご飯の炊き方」から
修行。とは次元が違う話だよ。

162 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 08:30:40.47 ID:LJNgsMLQ
生理中は引きこもってればとりあえず迷惑はかからないしな

163 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 09:26:24.30 ID:RYJ8CRaZ
俺も昔12、3の頃はよくセックスしてたけど
20すぎてから全然しなくなったなぁ・・・

164 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 12:20:26.94 ID:TS0HH53g
>>161
それは武家といっても下の方だろ。
召使いを雇えるような家なら、料理は彼女たちがするだろうし。


165 :日曜8時の名無しさん:2006/01/29(日) 12:26:35.16 ID:miBgNDdK
もちろん。
「上士」ではなく「下士」の話。
だけど武士階級の大半が「下士」だった。

166 :ユムシマン:2006/01/29(日) 15:47:01.94 ID:DXUpHiwU
医学的に見て日本人女性は、
25歳までに経産婦どころか出産は終了していなくてはならない。
25歳以上で子供を産むのは大変危険な好意だ。今も昔も変わりない。
現に少子化といいながら,早産・流産の危険がある妊婦で、
産婦人科のベットは全然足りない。
俺の弟夫婦は隣の県で出産したほどだ。
40歳でも大丈夫なのは内蔵の厚みがある白人女性等に限った話で,
日本人もそう解釈して晩婚化しているのは由々しき問題だ。

167 :日曜8時の名無しさん:2006/01/30(月) 02:00:11.28 ID:Cp0dYutC
結婚前の処女性にこだわるようになったのはキリスト教の影響だろうけど
結婚後の不貞には昔から結構厳しかったんじゃなかったっけ。
誰の子かわからないと相続で揉めるし。

168 :日曜8時の名無しさん:2006/01/30(月) 10:15:48.45 ID:MBZ2Stkd
不貞は厳しかっただろうな、日本も静養も

169 :日曜8時の名無しさん:2006/02/01(水) 14:29:25.04 ID:ztnpGB4X
良スレ あげ

170 :日曜8時の名無しさん:2006/02/01(水) 18:32:49.75 ID:8FVFusUV
ちなみに千代は何歳でケコーンしたの?

171 :日曜8時の名無しさん:2006/02/01(水) 21:28:23.97 ID:Ou6g36ls
満14、15歳ぐらいじゃないか?

172 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 08:20:50.14 ID:ofCyHCal
年増好みの家康が天下を取ったんだから
ロリは負け組だろ

173 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 09:11:02.49 ID:sZiPC6ZU
ロリ好みの一豊はやはり天下は取れないか

174 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 12:43:30.50 ID:qlF31Qp4
秀吉はロリだったわけだが

175 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 12:49:29.57 ID:De8bjQV9
後継者の成長を見届けながら「体制」をより強固なものにして死んだ家康と
後継者の成長や「体制」作りが未成熟の状態で死んで逝った秀吉の
違いじゃないか?

まー、トシとってロリを孕ませて出来た子供を後継者にしようとした。
でもそれは「手遅れだ」という意味なら、確かにそーかも。

176 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 13:03:15.67 ID:sZiPC6ZU
秀吉はもっと若いときにじゃんじゃんセックルすればよかったのにね
ネネとの修羅場は覚悟の上で

177 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 13:14:41.74 ID:ua+QwO++
家康はロリも熟女もイケるクチだったんです。

178 :日曜8時の名無しさん:2006/02/05(日) 13:18:04.10 ID:nA+pBwh2
秀吉は若い頃からジャンジャン遣りまくっていた。
よそで子供作ってるよ。早世したけど。
やはり秀吉には子種無かったのかな?
精子の量が少なくて孕ませ難かっただけかもしれないが、、、

179 :日曜8時の名無しさん:2006/02/07(火) 09:23:44.67 ID:09fALwoV
良スレ あげ
どんどん書いてね。

>>178
秀吉は子供けっこういたみたいね。
なんとなく子供が少ないイメージがあるけど。

180 :日曜8時の名無しさん:2006/02/07(火) 11:43:03.01 ID:Xt/3rlr7
南殿との間に石松丸だけじゃなく娘もいたって言う話もあるしなぁ。
秀吉よりもむしろねねに問題があった気がする。

ねねが秀吉の浮気に嫉妬し、上司の信長に直訴して、
秀吉宛に浮気を諌める訓戒状を書かせてるくらいだから、
案外秀吉もおおっぴらに浮気できなかったんじゃない?
南殿は子供ができちゃったから側室として認めざるえないとして。
ねねが押さえつけなきゃ、子供もそれなりにできて、
晩年あそこまで色基地外にはならんかったかも。


181 :日曜8時の名無しさん:2006/02/07(火) 15:56:29.22 ID:/UekrmQJ
まああまり妻が縛り付けすぎると子供の代に影響するな

鎌倉殿も浮気はしただろうけど外の子供はいなかったことに(記録に残ってないだけ?)
相当政子を恐れてたんだろう。
その結果実朝の代で宗家滅亡の憂き目に。

182 :日曜8時の名無しさん:2006/02/07(火) 22:58:07.35 ID:Y5L51+qb
秀吉の子孫は現存するんじゃないかな?
ある程度出世してからの秀吉の相手できる女なら美人でソレなりの家柄のハズ。
秀吉だけでなく同じ時期に複数の男とマグわっていたら父親を特定できない。
男日照りなし
秀吉もそんなヤリマンの子を自分の子として認知しない。
だけど女は出産して育てる→子孫繁栄。って展開でw

183 :日曜8時の名無しさん:2006/02/07(火) 23:25:11.60 ID:aK3efqyu
全高校にコンドーム販売機を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051201-00000030-san-int

今の高校生の男女も普通にセックスしてるようだな

184 :日曜8時の名無しさん:2006/02/08(水) 08:53:00.63 ID:6Jzraioz
日本円で28円相当は安いな
フランスらしいって気もするがw

185 :日曜8時の名無しさん:2006/02/08(水) 09:15:18.35 ID:SNksHTen
>>183-184
素晴らしい国だ。


186 :日曜8時の名無しさん:2006/02/08(水) 23:45:31.24 ID:Sk/9XYxS
>>185
まぁ例えオマエがフランス人でも30過ぎても道程だろうがな

187 :日曜8時の名無しさん:2006/02/09(木) 02:13:20.04 ID:XORtob7V
童貞のくせになぜか28円コンドームは肌身離さない185

188 :185:2006/02/09(木) 10:52:35.57 ID:8Kiw5bUX
良スレあげ。


>>186-187
子供3人いますが?









なんてな。

189 :日曜8時の名無しさん:2006/02/09(木) 10:52:57.72 ID:8Kiw5bUX
ありゃ、あがってねぇや。

190 :日曜8時の名無しさん:2006/02/09(木) 11:48:04.38 ID:knWxxs8M
ww

191 :日曜8時の名無しさん:2006/02/10(金) 10:16:05.37 ID:Qja6YN6B
www

192 :日曜8時の名無しさん:2006/02/12(日) 01:04:16.16 ID:EcH2wfk9
wwww

193 :日曜8時の名無しさん:2006/02/12(日) 06:09:35.56 ID:HwJlag8W
wwwww

194 :日曜8時の名無しさん:2006/02/13(月) 15:38:43.76 ID:ynCwt4eY
wwwwww

195 :日曜8時の名無しさん:2006/02/13(月) 15:41:27.78 ID:k2I1KpJu
井上巧一 いのうえこういち 1969.6.10生まれの事件簿
犯人隠避の警視庁赤羽警察署刑事課
http://www2.ttcn.ne.jp/~chipmunk/inoue.htm

196 :日曜8時の名無しさん:2006/02/16(木) 14:33:28.32 ID:JdAM7ZvI
緊急age

197 :日曜8時の名無しさん:2006/02/17(金) 20:50:10.82 ID:vBbGTEtE
昔の女は体が成熟しない段階で子供を生むから死産が多く、妊婦もお産で死ぬのが普通だったらしい。
大宅氏のノンファクション読んだが天皇家と徳川将軍家の子供の生存率のあまりの低さに
驚愕。一般庶民並だ。それ以下かも。育児放棄や毒殺や暗殺が多かったとしても。
家定はただ一人生き残って将軍になったが知恵遅れだったとか。
盲目の子供もいたとか。
子供が子供を生むのはインドやアフリカなど発展途上国に多く医学的に見ても大人になってから
子供を生んだほうが本人の為だし国も衰退しないと思う。

198 :日曜8時の名無しさん:2006/02/17(金) 22:55:49.08 ID:cNswKDok
 栄養失調とか乱世のプレッシャー故に、「子孫を残さなければならない」みたいな
仕組みが働いて初潮年齢が下がる、みたいな説もある。
 真偽は知らん。

199 :日曜8時の名無しさん:2006/02/17(金) 23:27:30.33 ID:cNswKDok
 長浜の頃の秀勝・・・えーっと、京都奉行の頃の浮気相手だっけ。これは相手がヤリマン
(当時ではフツー?)なので父親が違う、というのが真相ではないか?

200 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 11:44:36.97 ID:8QKIQ7Ah
秀勝は後に淀殿妹と結婚するもすぐにあぼーんだったね

201 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 18:16:26.96 ID:bQb8K64N
>>200
それは秀吉の姉ちゃんの子供ね。

202 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 20:47:12.52 ID:Jt04kRdo
「千代」って現代でも通じる良い名前だね。
この時代の女の名前ときたら「おね(ねね)」「松」「市」と現代の感覚で
変な名前ばっかw
まだ「(日野)富子」「(北条)政子」なら(〜子)違和感がない。

ところで、この時代(戦国)の最年少出産て何歳なんだろ?

203 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 21:25:55.19 ID:G+4V8tO7
と言うより当時は人間50年。10代前半で大人あつかい

204 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 21:55:44.53 ID:wwvxlK02
〜子と言う名前は、貴人の女性に使う名前だから戦後おおいに流行ったというような話を聞いたことがある。
それまでは天皇とは現人神だったが、人間天皇となってから身近になってそうなったのかなと想像していた。
時は流れ、〜子という名前はどちらかというと古風なイメージだ。

という前に、千代には「まつ説」があるわけだが。

205 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 22:03:46.31 ID:nklulfbt
ほほぅ
小野妹子は「貴人」だったのかw

貴人なのに命賭けの渡航したと言うのか?

206 :日曜8時の名無しさん:2006/02/18(土) 22:44:03.86 ID:Jt04kRdo
ここに出てるね。
http://homepage2.nifty.com/osiete/s647.htm

207 :日曜8時の名無しさん:2006/02/19(日) 21:04:44.07 ID:symOD3lc
蘇我馬子って小学館か何かの歴史マンガで始めて知ったときなんで男なんだってオモタヨw

208 :日曜8時の名無しさん:2006/02/19(日) 21:24:29.06 ID:FVg37LMO
小野妹子って小学館か何かの歴史マンガで始めて知ったときなんで男なんだってオモタヨw

209 :日曜8時の名無しさん:2006/02/19(日) 22:40:36.77 ID:eJ4Azfac
戦国の頃はまだ全然マシなような。
平安になってからは現代みたいな男名・女名に近くなるけど、
奈良時代以前は皆かなり変だよ。

210 :日曜8時の名無しさん:2006/02/20(月) 02:02:55.73 ID:13SkXQNM
ウマコとかイルカとかな

211 :日曜8時の名無しさん:2006/02/20(月) 05:37:40.45 ID:CiLFqFMk
>>204
死んだうちの婆ちゃんは、本名は寿(ひさ)というんだけど、趣味の俳句投稿ではペンネームを
寿子(ひさこ)としてた。当時は子がつくとオシャレでかっこいいイメージだったそうだ。
40年くらい前の話

212 :日曜8時の名無しさん:2006/02/21(火) 01:01:28.69 ID:XfLPXcPX
>>206
ありがとう。戦後だと思い込んでいたけど、維新後なんだね。
ウチのばあさんたち(明治生まれ)がみなカタカナ名前で、〜子じゃないから
勝手に戦後だと思い込んでいたのかも。

>>211
寿さん、か。今だと逆にそっちのほうがかっこいいかもしれない。
毛利隆元の奥方が「寿の方」(としのかた)だったなあ。

213 :日曜8時の名無しさん:2006/02/22(水) 09:56:29.25 ID:tPSR4LR6
良スレ age


214 :日曜8時の名無しさん:2006/02/22(水) 15:23:21.27 ID:JJB6UDGg
昔、なるほどザワールドかなんかで10歳くらいの子供夫婦って見た気がする…。
たしか赤ちゃんも産んでた。

215 :日曜8時の名無しさん:2006/02/24(金) 14:57:55.49 ID:V/835mOT
>>199
遊女だったとも言われてるな。
だから種違いの可能性も充分にある。

216 :日曜8時の名無しさん:2006/02/24(金) 23:56:30.64 ID:WEdouDhc
>>205が無い頭ひねり出して必死に書いたレスを見てあげてください

217 :日曜8時の名無しさん:2006/02/27(月) 00:34:44.48 ID:qecQVZf7
多分、まつだのとしだの千代だのってのは
本名でないよ。
昔の女にゃ名はなかった。
宮中に入内したり、位を授けられたり、女官に
任命される時には本名が必要になり、
記録にも残りやすいから本名(諱名)も明らかになる。
ねねは吉子っていうんだよ、諱名は。
おごう(おえよ)は達子だ。

清盛の嫁は従二位を授けられ、准后だから
時子という本名がつけられ、
娘の徳子は女御として入内して、立后して中宮となり、
さらに院号宣下があったような人だから本名が伝わっているのだ。
北条政子は頼朝の嫁だから、
本名があるけど、
頼朝と結婚した若い頃から、
政子の名を持っていたかは疑問ですね。


以上、ガセビア。

218 :日曜8時の名無しさん:2006/02/27(月) 22:09:46.62 ID:7v3UIZvo
司馬遼の推測だと、秀吉はSEXにだらしなかったので
見境なく遊女と関係をもったらしい。その結果、梅毒などの性病に
罹っていた可能性がある。よって精子が弱く子種がなかったのではないか、
というのが司馬説。

江戸時代には「瘡気(かさつけ:梅毒のこと)とうぬぼれのない男はない」
という諺があったくらい、梅毒が流行していたらしい。

一方、慎重派の家康は、遊女とは殆どSEXをしなかったそうだ。
よって、子供が多いとの推測。

歴史は面白い。

『歴史と風土』文春文庫・司馬遼太郎著
  P100〜「秀頼の秘密」より

219 :日曜8時の名無しさん:2006/03/03(金) 19:37:03.00 ID:thWFpO0J
保守age

220 :日曜8時の名無しさん:2006/03/07(火) 09:50:59.63 ID:4pgbMjBy
やべ。緊急あげ。

>>218
家康って後家好きってなんかで見たけど、どうだったんだろう。

221 :日曜8時の名無しさん:2006/03/07(火) 18:07:48.96 ID:fqMSBay6
ずっと気になってたんだけど、千代と一豊って何歳差?

222 :日曜8時の名無しさん:2006/03/07(火) 19:47:20.77 ID:31k1g5Tm
家康は
「後家・未婚・若いの・年輩・やせ・デブ」
と、かなり守備範囲は広いぜよ。

223 :日曜8時の名無しさん:2006/03/08(水) 15:43:48.28 ID:7KvCi8ba
>>222
穴さえありゃなんでもってことかw

224 :日曜8時の名無しさん:2006/03/08(水) 17:19:50.42 ID:t4+zO0pD
>>223
いろんなタイプを用途に応じて使い分けてた。
子作りは後家と、恋愛は若い娘と、知的な女性は秘書にしてる。

225 :日曜8時の名無しさん:2006/03/08(水) 17:37:39.43 ID:CBJcwG1r
葵三代にも側室がたくさん出てたな

226 :日曜8時の名無しさん:2006/03/08(水) 21:20:46.54 ID:7u1C2gHS
>>224
 そうそう用途に応じて使い分け
 子作りは後家さん、
1,反っ歯でロンパリなのが一人いた。
2,戦争未亡人が一人いた。
3,連れ子のいる未亡人で夫の敵の悪代官を殺してくれと直訴したのが一人いた。

 恋愛は若い娘と
1、75才で死んだとき、19才の側室がいた。超ロリコン親父だ。
2,一度部下に下げ渡した娘14才を19歳の時に、取り戻した。もちろん部下は殺さずに出世させた。


227 :日曜8時の名無しさん:2006/03/09(木) 01:11:53.73 ID:al5eFIT+
>1、75才で死んだとき、19才の側室がいた。超ロリコン親父だ。
>2,一度部下に下げ渡した娘14才を19歳の時に、取り戻した。もちろん部下は殺さずに出世させた。

これのどこが超ロリコンなんだ?

228 :日曜8時の名無しさん:2006/03/09(木) 05:55:52.87 ID:P/cKKZXj
>>226
>2,一度部下に下げ渡した娘14才を19歳の時に、取り戻した。もちろん部下は殺さずに出世させた。

永井路子でこれを題材にした短編小説があったな。タイトル忘れたけど。
この部下の夫婦ともカラッとして別れたっていうのが印象的だった

229 :日曜8時の名無しさん:2006/03/10(金) 10:04:12.34 ID:Pc/lbmWf
うおぉ
何時dat落ちしてもおかしくない状況だ
良スレage

230 :日曜8時の名無しさん:2006/03/10(金) 20:33:44.27 ID:efUO2D16
「いやじゃのお六様(またはお六どの)」・・・うろ覚えだけど。

お六の方については、「月を吐く」(新解釈で築山殿を書いた)の作者諸田玲子が
最近ヒロインとしてとりあげて長編を書いてるよ。

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)